ダニピタ君の特徴は

1千人以上の医療関係者に支持されたダニシートで第一位のダニピタ君

 

ダニピタ君の公式サイトでは、

 

【1,000人以上の医療関係者に支持された「理想のダニシート」】

 

と表記されています。

 

支持される理由や特徴について、調べてみました。

 

ダニの死骸が残らないので安心で清潔

ダニピタ君の特徴は、

 

【ダニを生きたまま捕獲して除去する】

 

ということです。

 

布団乾燥機や燻煙剤などはダニを死滅させますが、ダニの死骸はそのまま残ります。

 

ダニの死骸はアレルギーの原因となりますので、死んだダニを放置しておくわけにはいきません。

 

そのため布団の丸洗いや掃除機で、ダニの死骸やフンをキレイに掃除しないといけないのです。

 

布団を掃除機で吸ってダニ掃除をする

 

これが結構大変です。

 

ダニピタ君は生きたままダニをおびき寄せて捕獲するので、捕獲したダニをシートごとそのままゴミ箱に捨てるだけです。

 

 

ちなみに生きているダニは、丸洗いや掃除機では完全に取り除けません。

 

ダニの足には爪があって、繊維に絡みつけてしがみついているからです。

 

そのためダニは生きたまま捕獲して、そのままゴミ箱に捨てるのが簡単で確実です。

 

ダニピタ君は簡単にダニ除去ができるアイテムですが、さらに詳しくメリットとデメリットを紹介しましょう。

 

ダニピタ君のメリット

ダニ捕り君のメリットは、下記になります。

  • ダニの死骸が残らない
  • 設置するだけなので簡単
  • 捕獲したダニの処理も簡単

 

1,ダニの死骸が残らない

燻煙剤や家庭用の布団乾燥機で、ダニを死滅させることはできます。

 

しかし、死んだダニはそのまま布団や枕に残ります。

 

ダニの死骸はアレルギーの原因と言われて、寝ている間に知らないうちに体内に吸い込んでしまっているのです。

 

ダニの死骸をキレイに取り除くには、

  • 布団、枕の丸洗い
  • 吸引力の強い掃除機で布団を掃除する

などがありますが、費用や手間が掛かってなかなか大変です。

 

ダニは定期的に増殖していくので、継続してダニ掃除をしないといけません。

 

ダニをおびき寄せるダニピタ君ならば、3ヶ月毎に新しいダニピタ君に取り替えるだけでOKです。

 

3ヶ月間使ったダニピタ君は、そのままゴミ箱にポイするだけの簡単ダニ退治です。

 

 

2,設置するだけなので簡単

ダニ退治の方法はいろいろありますが、手間がかかる方法が多いです。

 

例えば、コインランドリーなどの大型布団乾燥機は、使用すると大半のダニが死滅するダニ退治に効果的な方法です。

 

ダニの死骸は、乾燥中の回転である程度はゴミと一緒に放り出されますが、どうしても完全にキレイになるわけではありません。

 

なのでダニ退治をしたあと、ダニの死骸を取り除くために布団を丸洗いする必要があります。

 

そのままダニの死骸を放置しておくと、「1」でも書きましたがアレルギーの原因となってしまいます。

 

布団の丸洗いをすると、また乾燥させないといけないので、結局2回もコインランドリーの乾燥機を利用することになります。

 

これはかなりの時間がかかるのと、費用も数千円単位で発生します。

 

家族全員の布団からダニ駆除をしようとすると、1日では終わらない時間が掛かってしまいます。

 

その点ダニピタ君は、商品を布団の下に置くだけです。

 

それだけでダニをおびき寄せて捕獲してくれます。

 

とても簡単で3秒もあれば、ダニピタ君の設置も終わります。

 

 

3,捕獲したダニの処理も簡単

ダニピタ君ではダニをおびき寄せて、強力粘着シートに粘着させて捕獲します。

 

捕獲したダニは、3ヶ月ごとのシート交換時にゴミ箱にそのまま捨てるだけです。

 

これも5秒もあれば、簡単に処理することができます。

 

そして新しいダニピタ君を布団の下に置くだけなので、設置&処理は併せて10秒も掛からないくらい簡単です。

 

ダニピタ君のデメリット

ダニピタ君のデメリットは、費用とダニの駆除率です。

  • 3ヶ月ごとに費用が発生する
  • ダニ捕りシートよりもダニを乾燥させて死滅させる方が駆除率は高い

 

1,3ヶ月ごとに費用が発生する

ダニピタ君は、3ヶ月で3,980円(定期コースの場合)の費用が掛かります。

 

これを「高いと思う」or「妥当な値段と思う」かですが、他のダニ捕り対策と比較すると費用対効果は高いと言えます。

 

例えば、ダニ対策でダニ駆除率が高い方法が布団の丸洗い&乾燥機ですが、必要な費用の目安は下記になります。

  • 掛け布団シングル1点:4,000円〜
  • 掛け布団ダブル1点:6,000円〜
  • 敷布団シングル:4,000円〜
  • 敷布団ダブル:6,000円〜

ダニ対策を考えれば、できれば半年に1回は布団の丸洗いをしたいところです。

 

となると、布団のシングル1組(掛け布団&敷布団)で約10,000万円なので、年2回で1組20,000円となります。

 

4人家族の場合だと、年間で80,000円の費用が発生します。

 

 

一方でダニピタ君は、「5枚入り:3,980円(定期コースの場合)」です。

 

これを3ヶ月ごとに交換していくことになるので、年間:15,920円です。

 

それで4人分の布団と1枚残るのでソファーやカーペットにダニピタ君を設置できます。

 

値段は布団丸洗いの約4分の1ですみ、手間も断然簡単なのがダニピタ君です。

 

このように費用が発生するデメリットはありますが、費用対効果が考えるとコスパの高いアイテムだと言えます。

 

 

2,ダニ捕りシートよりもダニを乾燥させて死滅させる方が駆除率は高い

ダニ捕りシートの商品でダニピタ君とよく比較されるのが、ダニ捕りロボです。

 

▼満足度97%の秘密とは?▼

 

ダニ捕りロボはダニピタ君と同じく、シートにダニをおびき寄せて捕獲する商品です。

 

性能的な違いは、捕獲したダニを乾燥させて死滅させるということです。

 

ダニピタ君は、おびき寄せたダニを強力粘着シートで動けなくして捕獲するタイプの商品です。

 

粘着シートの場合は、ダニの重量が軽すぎてダニを捕獲しきれない場合があります。

 

 

その点では、ダニ捕りロボはダニを捕獲して死滅させるので、捕獲したダニは外へ逃げることがありません。

 

そのため商品内に入れば、ダニを100%乾燥退治するというダニ退治のアイテムです。

 

死滅したダニは、3ヶ月ごとの交換時にシートをゴミ箱に捨てるだけなので簡単です。

 

この辺のお手軽さは、ダニピタ君と同様です。

 

お値段は、レギュラーサイズ5枚入りで、

  • 通常購入:7,349円
  • 定期購入:初回7,129円、2回目以降4,980円

となります。

 

初回はシートを入れるパッケージの料金が必要なので少し高くなりますが、2回目以降はシート料金のみなので4,980円(3ヶ月)となります。

 

月換算すると、1,660円という値段です。

 

ダニの除去率が高くて定期購入なら「1,660円/月」とコスパの高いダニ対策アイテムとすて、ダニピタ君よりもダニ捕りロボを選ぶ方は多いです。

 

ダニピタ君とダニ捕りロボの違いについてはコチラ>>ダニピタ君とダニ捕りロボの比較

 

ダニの退治方法や料金の違いなど、2つのアイテムを比較していますので参考にしてください。

 

ページの先頭へ戻る